中国石油化工の1-3月期:69%減益-原油価格上昇と燃料価格統制で

アジア最大の製油会社、中国石油化工(S inopec)が27日発表した2008年1-3月(第1四半期)決算は、純利 益が前年同期比69%減少した。原油価格上昇と政府の燃料価格制限が響いた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。