町村官房長官:揮発油税暫定税率復活、30日の衆院本会議で再議決

町村信孝官房長官は28日午前の記者会見で、 1日に失効した揮発油(ガソリン)税の暫定税率を復活させるため、30日に設定 される衆議院本会議で、租税特別措置法改正案の再議決が行われるとの見通 しを示した。町村氏の発言は以下の通り。

暫定税率を復活させる衆院本会議での再議決について:

「今日は与党の党首会談を含めて、党内手続きが行われると思っている。衆 院本会議が30日に設定されるのであれば、30日の本会議ということになる」

「賛成、反対、どちらとも言えないという人が半分近くいるというのも過去の調 査で明らかだ。わたしどもとしては、再引き上げということはしっかり説明していく が、国民の理解は得られると思っている」

27日投開票が行われた衆院山口2区補欠選について:

「候補者はよく善戦健闘したと思っているが、特に4月15日以降の高齢者医 療制度について、高齢者の皆さんから信頼を失ったこともあると思う。事前あるい は制度発足後の説明が足りなかった面も確かにあると思う。仕組みそのものにつ いてはおかしい点はない」

補選敗北の政権運営への影響:

「わたしどもとしては粛々と方針を決めており、その方針に沿ってしっかりと一 つずつ政策課題を決めて実行していくという福田康夫内閣の方針に変わりはな い」

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE