野村HD株が高い、思い切ったサブプライム損失処理、市場は評価(2)

野村ホールディングス株が高い。買い気配 の後、一時前週末比126円(7.6%)高の1787円まで上昇した。25日発表の第 4四半期(2008年1-3月)連結純損益は、米サブプライムローン関連の損失 処理などで1539億円の赤字となったが、市場では思い切った処理と評価する見 方もあり、悪材料出尽くし感が広がっている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。