投資家J・ロジャーズ氏が中国株買いを積極化-「底入れ」との見方で

投資家ジム・ロジャーズ氏は、中国株が底 入れしたとみて積極的に購入している。物色の対象は農業や観光、航空、教育 株だ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。