銀行株が高い、米金融不安後退受け-三菱UFJが4カ月ぶり高値(2)

大手銀行グループの株価が上昇。三菱U FJフィナンシャル・グループ(FG)は前週末比108円(10%)高の1148 円まで買われ、昨年12月13日以来約4カ月ぶりの高値となった。米国でサブ プライムローン関連損失計上の動きが峠を越えたとの見方が広まり、国内銀行 株も買い戻された。株式相場全体の上昇のリード役となっている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。