NY原油時間外:1バレル=120ドルに近づく-北海パイプライン停止

ニューヨーク原油先物相場は28日の時間外取 引で最高値を更新し、1バレル=120ドルに近づいている。英石油大手BPが北海 パイプラインを停止したことや、ナイジェリアの石油・ガス輸出関連施設が武装勢 力の攻撃を受けたことが影響している。

BPが停止したのは英国の原油生産の40%を運ぶパイプライン。電力の調達 先である英グレンジマウスの製油所でのストライキが停止の原因となった。同製油 所は現地時間29日朝に稼働を再開するとしている。一方、ナイジェリアのニジェ ール川デルタの複数の保安当局者によると、石油関連施設での27日の攻撃で、保 安官5人が殺害され、銃や弾薬が奪われた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場6月限は一時、1.41 ドル(1.2%)高の1バレル当たり119.93ドルと、1983年にNYMEXで先物取 引が始まって以来の最高値を付けた。シンガポール時間午後3時5分(日本時間同 4時5分)現在は119.44ドル。原油相場は過去1年で82%上昇した。

ロンドンの先物取引所、ICEフューチャーズ・ヨーロッパに上場している北 海ブレント原油6月限は一時、1.16ドル(1%)高の1バレル=117.50ド ルまで上昇した。シンガポール時間午後3時5分現在は117.36ドル。これまでの 最高値は25日に付けた117.56ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE