米マイクロソフト、現状打破に動く可能性も-ヤフーが回答見送りで

米マイクロソフトがヤフーに提示していた 総額446億ドル(約4兆6600億円)の買収提案の回答期限が26日に切れたの を受け、マイクロソフトのスティーブ・バルマー最高経営責任者(CEO)は ヤフーの取締役会メンバーを退任に追い込み同社買収に道筋をつける取り組み を再開する可能性がある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。