パイオニア株が反落、松下とのプラズマパネル提携の効果に不透明感

プラズマテレビ国内3位のパイオニアの 株価が反落、前日比21円(2.1%)安の965円まで売られた。松下電器産業と のパネル提携を24日夕に発表したが、提携効果は不透明との見方が出ている。 24日の取引終了前に会見実施を通知し、株価が急上昇していたことへの反動も あって値を下げた形だ。松下電産の株価は輸出関連全般につれて上昇、前日比 40円(2%)高の2090円まで上げている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。