福田首相がサミット控え訪ロ、国内事情で他国への外遊は見送り(2)

福田康夫首相は25日からロシアを訪問し、26 日午後(現地時間)にモスクワでプーチン大統領、次期大統領のメドベージェフ 第一副首相との初会談を相次いで行う。日本が議長国を務める7月の主要国首 脳会議(北海道洞爺湖サミット)を控えた訪問だが、英国、フランス、ドイツなどほ かのサミット参加国への訪問は、ねじれ国会の影響で断念した。

日本がサミットを主催するのは2000年の九州・沖縄サミット以来、8年ぶり。 当時の森喜朗首相は4月下旬から5月上旬にかけての大型連休を利用してロシ アのほか、サミット構成国すべてを訪問していた。

メドベージェフ氏は5月7日に大統領に就任、プーチン氏は首相として新政 権で影響力を維持するとみられる。福田首相は両氏との会談で、双方が領有権 を主張している北方領土(国後、択捉、歯舞、色丹)問題を解決した上で日ロ平 和条約締結交渉を開始することの重要性を確認する見込み。

その上で、03年1月に策定した政治、経済、文化などの包括的協力の枠組 みを定めた「日ロ行動計画」に基づき、両国の協力関係をさらに強化することを 申し合わせるものとみられる。いずれも町村信孝官房長官が24日の記者会見 で見通しを示した。

町村氏によると、福田首相はプーチン、メドベージェフ両氏との会談で、ロシ ア・サハリン沖の石油・天然ガス開発プロジェクト「サハリン2」を含め、安倍晋三 前首相が07年6月に提示したエネルギー、運輸、環境など8部門での協力を盛 り込んだ「極東・東シベリア地域における日ロ間協力強化に関するイニシアチ ブ」の具体化に向けた協議の加速を提案する公算が大きい。

--共同取材:山村敬一 Editor: Keiichi Yamamura, Kenzo Taniai

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 広川高史 Takashi Hirokawa +81-3-3201-8641 thirokawa@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 香港 Douglas Wong +85-2-2977-6451 dwong19@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE