訂正:メモリー不況が直撃-東芝は今期横ばい、エルピーダも回復急務

半導体市場のメモリー不況がメーカーの業 績を直撃している。東芝は今期(2009年3月期)の業績は営業増益を見込むも のの、半導体事業が利益の大半を稼いできた構図が崩れ、同事業の利益はほぼ横 ばいで推移する見通し。エルピーダメモリは前期(08年3月期)に04年3月期 以来の営業赤字に転落し収益回復が急務だ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。