日本株は輸出株中心に反発、円安進行と金融不安後退-KDDIは続伸

朝方の東京株式相場は大幅反発。日経平均 株価の上げ幅は200円以上となり、4月21日に付けた直近高値(1万3739円) を上抜けた。米連邦公開市場委員会(FOMC)による利下げ終了観測が広がり、 為替相場では円安が進行。米証券大手メリルリンチによる配当維持も伝わり、為 替安定と金融不安の後退から、トヨタ自動車など輸出関連株、三菱UFJフィナ ンシャル・グループなどの銀行株中心に買いが入っている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。