4月の米消費者マインド指数63.2に、26年ぶり低水準か-BN調査

ブルームバーグ・ニュースが金融機関や 調査会社60社を対象にまとめた調査の中央値によれば、25日に発表される4 月のロイター・ミシガン大学消費者マインド指数(確報値)は63.2と、1982 年以来の低水準になったもようだ。

ガソリン価格が最高値を更新し、失業が増えるなかで、3月の69.5から の低下が見込まれている。2007年の同指数の平均値は85.6。

リーマン・ブラザーズのシニアエコノミスト、ドルー・マタス氏は「消費 が著しく鈍化するとみている」と指摘。「当社は米経済が現在リセッション (景気後退)入りしているとの立場だが、この見方と矛盾しない展開だ」と述 べた。

同指数の発表は午前10時(ワシントン時間)。ブルームバーグ調査での 予想レンジは62-72。11日に発表された速報値も63.2だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE