野村HD:第4四半期1539億円赤字に転落-サブプライム損失拡大(5)

国内証券最大手の野村ホールディングスが 25日に発表した第4四半期(2008年1-3月)連結業績(米会計基準)による と、純損益は1539億円の赤字(前年同期は331億円の黒字)となった。市場混 乱により収益環境が悪化する中、サブプライムローンなどを保証するモノライン (金融保証会社)の保証額に対する引当金が1320億円に膨らんだのが主因だ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。