ドコモ:今期純利益予想、2.4%増の5030億円-市場予想下回る(2)

国内携帯電話最大手NTTドコモが25日 発表した今期(2009年3月期)連結業績予想によると、純利益は5030億円と、 前期比2.4%増の見込み。予想数字はブルームバーグ・データがまとめたアナ リスト17人の事前予想の中央値である5299億円を下回った。

営業利益予想は8300億円と、前期比2.7%増。売上高は1.2%増の4兆 7680億円と見込む。一方、ブルームバーグによる今期営業利益のアナリスト予 想中央値は8770億円、売上高は4兆6400億円だった

今期営業利益の伸び2.7%は、前期実績の4.5%から縮小している。4月 から家族間の通話を最大で無料にするなど値下げの影響を織り込んだ。顧客獲 得でドコモを大きくリードしている国内通信2位のKDDIでも、今期携帯事 業の営業増益幅が9.2%と、前期実績の半分強に縮むと見ている。

今期の配当予想は前期実績と同額の4800円を予定。今期は最大で90万株、 1500億円の自社株買いを実施する。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE