堀江被告「諸行無常で生きる」、株主には陳謝-7月25日控訴審判決(2)

ライブドア事件で金融商品取引法(旧証取法) 違反(有価証券虚偽記載、偽計・風説の流布)の罪に問われて一審で懲役2年6カ 月の実刑判決を受けた元社長堀江貴文被告(35)の控訴審公判が25日東京高裁(長 岡哲次裁判長)で開かれた。堀江被告は、判決内容にかかわらず「諸行無常で生き ていく」などとの心境を上申書で裁判長に訴えた。堀江被告の発言が示されるのは 控訴審で初めて。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。