債券相場は大幅安、米債安・株高やインフレ圧力で-10年債は1.5%台

債券相場は大幅安(利回りは上昇)。前日 の米国市場で、株高・債券安となった地合いを継続。日経平均株価が反発し、円 債は売り先行となった。朝方発表の消費者物価指数(CPI)でインフレ圧力の 高まりが示されたことも嫌気されている。先物中心限月は約4カ月ぶりの安値に 下落。新発10年物291回債利回りは節目の1.50%を抜け、一時1.54%に上昇し た。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。