大田経財相:コスト面からの上昇で決して良い形ではない-CPI(2)

大田弘子経済財政政策担当相は25日午前の 閣議後の会見で、3月の生鮮食品を除く全国消費者物価指数(コアCPI)が 前年同月比1.2%上昇したことなどを受けて、「ひとえにコスト面からの上昇圧 力だ。需要がひっ迫して、消費が伸びて物価が上がっている良い状態ではない」 と述べ、「決して良い形ではない」との認識を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。