鉄連会長:原料高で3兆円超のコスト増、3万円値上げが目安

日本鉄鋼連盟の馬田一会長(JFEスチ ール社長)は25日の定例会見で、原材料価格上昇で業界全体が負担するコス トとして「鉄鉱石と石炭だけで2兆円程度、それ以外の合金鉄や鉄スクラップ などで1兆円くらいに上り、値上がり基調ということも考えると合計で3兆円 を超えるのではないか」と語った。そのうえで、コスト増をまかなうための製 品値上げはトン当たり3万円程度が一つの目安になるとの見通しを示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。