フィリピン中銀:政策金利を5%に据え置き-市場の予想通り

フィリピン中央銀行は24日、政策金利を5% に据え置いた。昨年7月以来の5回にわたる利下げの後、2回連続の据え置きとな った。記録的高値の原油とコメがインフレ加速を促すとの懸念が広がっている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。