米マイクロソフト1-3月:11%減益-4-6月期は慎重に予想(2)

ソフトウエア最大手の米マイクロソフトが 24日発表した2008年1-3月(第3四半期)決算は、前年同期比11%の減益と なった。また基本ソフト(OS)「ウィンドウズ」の売り上げが予想を下回る 中、08年4-6月(第4四半期)については慎重な予想を示した。これを受け 製品需要が減少するとの懸念が強まり、株価は一時4.4%安となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。