任天堂:今期純利益は26%増の3250億円を予想-Wii好調続く(2)

携帯型ゲーム世界最大手の任天堂は24日、 今期(2009年3月期)の連結純利益が前期比26%増の3250億円になる見通し だと発表した。据え置き型ゲーム機「Wii(ウィー)」の好調が続き過去最 高を更新する。

ブルームバーグ・ニュースが集計したアナリスト6人の予想中央値の 3371億円は下回った。売上高は同7.6%増の1兆8000億円、営業利益は同

8.8%増の5300億円の見通し。ゲーム機本体の予想販売台数は、Wiiが 34%増の2500万台、携帯型ゲーム機「ニンテンドーDS」が7.6%減の2800 万台。予想為替レートは1ドル=100円、1ユーロ=155円。前期は1ドル= 114円28銭、1ユーロ=161円52銭だった。

同時に発表した前期(08年3月期)の連結純利益は前の期比48%増の 2573億円だった。「Wii」と「DS」の販売が好調に推移した。売上高は 同73%増の1兆6724億円、営業利益は同2.2倍の4872億円で、売上高、営 業利益とも1月に上方修正した数字を上回った。

任天堂株の大証終値は前日比800円(1.4%)安の5万7900円。

--共同取材 鈴木宏 Editor:Kenzo Taniai Kenshiro Okimoto

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 大阪 林 純子 Junko Hayashi +81-3-3201-3059 juhayashi@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先:

大久保 義人  Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net ソウル Young-Sam Cho +82-2-3702-1639 ycho2@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE