米マイクロソフト:投資家の関心はヤフー買収計画の行方-24日に決算

世界最大のソフトウエアメーカー、米マイ クロソフトの株主は、24日に発表される決算や売上高見通しよりも、ポータル (玄関)サイト大手の米ヤフーを買収する計画に高い関心を寄せているようだ。

マイクロソフトの株価は、総額446億ドルの買収提案をヤフーに提案した 1月31日以降これまでに3.5%下落した。その後もヤフーが拒否の姿勢を貫い ていることや、マイクロソフトが委任状争奪戦も辞さない構えを示しているこ とから、マイクロソフトの収益力に対する投資家の関心は薄れたと、マンダー ・キャピタル・マネジメントのテクノロジー投資担当ディレクター、ケン・ス ミス氏は言う。

スミス氏は「マイクロソフトは時間の浪費をやめ、買収を成立させる必要 がある」と指摘。「同社の事業の足腰は素晴らしいが、買収計画の不透明感が 株価を抑制している」との見方を示した。

ブルームバーグ・ニュースがまとめたアナリスト15人を対象にまとめた予 想平均によると、マイクロソフトが24日の取引終了後に発表する2008年1- 3月(08年度第3四半期)決算は、売上高が145億ドルで、過去の売上高の繰 り延べ分(16億7000万ドル)を計上した前年同期とほぼ同水準になる見込み。

純利益は42億1000万ドル(1株当たり44セント)と、会計上の理由で押 し上げられた前年同期を15%下回るとみられている。

同社の広報担当ルー・ジェロス氏は、決算発表前のコメントを控えた。

パソコン需要

ヤフーとの対立が続いていることで、パソコン需要がアナリスト予想を上 回り、マイクロソフトの統合ソフト「オフィス」の最新版の受注が拡大したこ とにはさほど注目が集まっていないと指摘するのは、インスティチューショナ ル・インベスター誌のソフトウエア業界アナリスト番付で首位になったUBS のヘザー・ベリーニ氏だ。

調査会社IDCが今月発表した統計によると、1-3月期のパソコン業界 全体の出荷台数は15%増加。米国の落ち込みを海外が補った。マイクロソフト は最大11%増を予想していた。

ベリーニ氏は、マイクロソフトの基本ソフト(OS)「ウィンドウズ」は OS市場で90%を超えるシェアを占めているため、パソコンの出荷台数が予想 を上回ったことは、ウィンドウズの売上高も予想以上だったことを意味すると 指摘した。

アメリカン・テクノロジー・リサーチのアナリスト、ドノバン・ガウ氏は、 マイクロソフトの株価について「業績に基づいた値動きになっていない」と指 摘。「買収計画に関するニュースがより大きな売買材料だ」との見方を示した。

売上高見通し

マイクロソフトの23日株価終値は、前日比1.20ドル(4%)高の31.45 ドル。ヤフーは46セント安の28.08ドルだった。同社が22日発表した利益見 通しがアナリスト予想と同水準にとどまったことで、マイクロソフトとの交渉 に有利になるような好業績を期待していた投資家の間に失望感が広がった。

マイクロソフトはまた、2009年度(08年7月-09年6月)の売上高と純利 益の見通しを24日に発表する計画。クリス・リッデル最高財務責任者(CFO) は2月、同社の09年度の売上高は「2けた」の伸びになるとの見通しを示して いた。ブルームバーグがまとめたアナリスト予想では、前年比11%増の666億 ドルが見込まれている。

ヤフーとの対立は、今週末に頂点に達する可能性がある。マイクロソフト はヤフーが買収提案を受け入れる期限を26日に設定。受け入れられなければ委 任状争奪戦を辞さない方針を示しており、買収提示額が引き下げられる恐れが ある。ヤフーの取締役会メンバー10人は、全員が7月までに任期切れになる。

バルマー最高経営責任者(CEO)は23日、ミラノで開かれた会合で、提 示額を引き上げる計画がないことを明らかにし、「われわれは統合が実現しな い場合にも備えている」と述べた。

-- Editor: Cesca Antonelli, Julie Alnwick

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Eiji Toshi 記事に関する記者への問い合わせ先: Amy Thomson in New York at +1-212-617-6579 or athomson6@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Cesca Antonelli at +1-202-654-4305 or fantonelli@bloomberg.net.

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE