日本株:輸出や海運中心に小幅続伸、柱不在で指数浮遊-石油関連安い

午前の東京株式相場は小幅続伸。為替相場 の円安基調を受けソニーやキヤノン、ホンダなどの輸出関連株が上昇。米半導体 株高の流れを受け、東京エレクトロンやエルピーダなど関連銘柄も高かった。海 運市況の指標になっているバルチック・ドライ・インデックス(BDI)が騰勢 を強めており、商船三井などの海運株も買われた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。