REIT指数が続落、金融収縮の影響懸念-分配減のクリードOは急落

午前の東証REIT指数は、前日比30.28 ポイント(2%)安の1507.87と3日続落。主要都市のオフィスビルディングへ の投資を行うクリード・オフィス投資法人が23日、2008年4月期の1口当たり 分配金が、従来予想や2007年10月期に比べて減少すると発表した。金融市場の 混乱による融資抑制を要因とした初の下方修正事例で、市場全体の先行きに対し て警戒感が再燃した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。