町村氏:米国産牛肉の危険部位混入、輸入条件緩和交渉に影響ない(2)

町村信孝官房長官は24日午前の記者会見で、 日本に輸入された米国産牛肉から、牛海綿状脳症(BSE)原因物質がたまりや すく輸入が禁止されている特定危険部位「脊柱(せきちゅう)」が混入していたこ とについて、「米国の対日輸出プログラムのシステム上の問題ではなく、輸入停 止などの措置は必要ない」と述べた。その上で、今後の米国産牛肉の輸入制限 措置の撤廃・緩和交渉に与える影響は「基本的に関係ない」との見方を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。