高純度化株は小反発、受注回復ペースを見極め-今期収益予想は横ばい

貴金属メッキ液専業の日本高純度化学の 株価が小反発。朝方には前日比3.8%高まであったが、午前9時20分以降は同 1%高で推移している。欧米景気の減速懸念を受けて、デジタル家電業界の生 産が停滞、2008年1-3月期に高純度化のメッキ液の受注が急減速した。受注 回復のピッチが鈍く、会社側は09年3月期の業績予想を前期実績並みと設定 しており、アナリストらも様子見姿勢を強めている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。