三井金属:ディーゼル触媒で新技術、プラチナの代わりに銀利用

三井金属鉱業は23日、産業機械・自動車のディ ーゼルエンジン用の排ガス触媒として、通常のプラチナに代わり銀を利用する新技術 を開発したと発表した。触媒用貴金属に必要な費用を90%以上削減できるとしている。 ディーゼルエンジンの排ガス規制が日米欧で強化される2012 年以降の実用化を目指し、 建機および農業機械向けを皮切りに採用を働きかけていく。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。