米SEC:市場混乱期の流動性積み増し、大手金融機関に義務付けも

米証券取引委員会(SEC)は、ベアー・ スターンズが経営危機に陥ったのを踏まえ、市場混乱期に手元流動性を積み増 すことを大手金融機関に義務付ける可能性がある。

SECのコックス委員長がチャールズ・グラスリー上院議員(共和、アイ オワ州)にあてた16日付の書簡(ブルームバーグ・ニュースが入手)によると、 SECは現在、住宅ローン関連資産で損失を被った複数の投資銀行と会合を開 き、資本増強について協議している。SECはまた、証券会社が「比較的流動 性の低い状態」に対応するため、新たな融資を求めるべきかどうかも検討して いるという。

コックス委員長は書簡で、SECは資金確保が困難な場合の投資銀行の「回 復力を高めるための義務付け」に取り組んでいると説明した。金融機関にとっ て手元流動性の積み増しは、融資や高利回り投資を控えることを意味するため、 利益縮小につながる恐れがある。

SECは現在、ベアー・スターンズとゴールドマン・サックス・グループ、 リーマン・ブラザーズ・ホールディングス、メリルリンチ、モルガン・スタン レーが十分な資本と流動性を確保するよう監視している。

-- Editor: Jeff Plungis, Dan Reichl.

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Keiko Kambara 記事に関する記者への問い合わせ先: Jesse Westbrook in Washington at +1-202-624-1889 or jwestbrook1@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Otis Bilodeau at +1-212-617-3921 or obilodeau@bloomberg.net.

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE