米アマゾンの1-3月期:増益-電子機器やビデオゲームの販売が好調

インターネット小売り最大手の米アマゾ ン・ドット・コムが23日発表した2008年1-3月(第1四半期)決算は、電子 機器やビデオゲームの販売好調が寄与し、前年同期比で増益となった。一方、同 社が示した08年通期の営業利益は最大で9億4000万ドルと、従来予想の9億 8500万ドルを下回った。これを受けて株価は下落した。

同社の発表資料によれば、第1四半期の純利益は1億4300万ドル(1株当 たり34セント)と、前年同期の1億1100万ドル(同26セント)から増加し、 アナリスト予想を上回った。売上高も41億4000万ドルに増加した。

ノートパソコンと時計の売り上げ増により、アマゾンは書籍とCD売り上げ への依存を軽減することができた。また楽曲や小説のダウンロード販売を導入す ることで顧客を増やしたほか、ネット競売最大手の米eベイに対抗して外部業者 の委託販売も扱っている。

アマゾンの株価は時間外取引でニューヨーク時間午後4時5分(日本時間 24日午前5時5分)現在、77.49ドルと、通常取引終値の81ドルから下落して いる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE