NY金:反落、ドル高・ユーロ安で売り優勢-900ドル割れの場面も

ニューヨーク金先物相場は反落。一時は 1オンス=899.20ドルと、ほぼ3週間ぶりの安値となった。原油相場の騰勢 が弱まったほか、前日に対ドルで最高値を更新したユーロが下げたため、イン フレヘッジとしての貴金属の魅力が薄れた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。