東京外為:ドル・円は一進一退、原油高と欧州通貨の動向注視-103円挟み

東京外国為替市場では、ドル・円相場がも み合い。原油価格が連日、過去最高値を更新するなど米景気の先行き懸念が強 まる中、ドルの上値は重いものの、足元では新規の手掛かり材料に乏しく、ド ル・円は1ドル=103円ちょうどを挟んで一進一退の展開が続いた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。