マカオ:新規カジノ向け土地利用承認を一時停止へ-社会整備を優先

中国の特別行政区、マカオは、カジノ業界 の行き過ぎた成長を抑制するため、新規カジノ向けの土地利用をしばらく認め ない方針だ。何厚カ(か・こうか)行政長官が表明した。域内の社会整備を優 先する。

マカオ当局の声明によれば、何長官は22日の立法会(議会)で、「一定期 間」は新たなカジノ免許を付与せず、カジノ事業者の数を6に維持すると言明 した。

中国でカジノが唯一認められているマカオは2006年に米ラスベガスを抜 き、世界最大のカジノ市場となったが、昨年はカジノ業界に対する労働組合に よる抗議活動も起きている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE