ロシアのガスプロム、米GE抜き時価総額世界4位へ-設立後15年で

世界最大の天然ガス会社、ロシアのガスプ ロムが米ゼネラル・エレクトリック(GE)を抜き、時価総額で世界4位の企 業になろうとしている。エネルギー価格が過去最高値を更新する一方で、GE は2008年1-3月(第1四半期)決算で5年ぶりの減益となり時価総額500 億ドル(約5兆1500億円)を失った。

モスクワのMICEX取引所に上場しているガスプロムは、ここ1年間で 時価総額が21%増え3188億ドルに達した。ガス相場の43%上昇が寄与した。

ニューヨーク証券取引所上場のGEの時価総額は11%減の3227億ドル。 GEが金融サービス部門の信用市場関連損失を背景に減益決算を発表した11 日は、株価が20年ぶりの大幅な下げとなった。GEの金融部門は2007年、 同社全体の利益の半分以上を占めた。

キー・プライベート・バンクの投資戦略部門責任者(クリーブランド在勤)、 ブルース・マケイン氏は、「金融事業に大きく頼っているGEに対する疑問は強 まっている。金融危機が金融企業のリスクが高いことを浮き彫りにしている」 と述べた。

ガスプロムは15年前にモスクワで設立された。前身は旧ソ連のガス工業 省。1892年に設立されたGEは、発明王トーマス・エジソンがその創業にか かわった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE