日EU首脳:世界経済は不確実、市場安定へ協力-原油高騰は悪影響

日本と欧州連合(EU)との定期首脳協議が23 日、首相官邸で行われ、「世界経済がチャレンジングで不確実な見通しに直面 している」として、金融システムの強化などを通じ、市場安定化の促進のために 協力していくことを確認した。食料や原油価格の高騰は世界経済の成長を鈍化 させ、先進国や途上国に負の影響を与える可能性があるとの認識でも一致した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。