野村HD株が続落、M&Aの社員がインサイダー容疑-業績に懸念(2)

野村ホールディングス株が続落。売り注文 が先行した後、前日比85円(5.2%)安の1554円で寄り付いた。M&A(合 併・買収)関連部門の元社員がインサイダー取引で逮捕され、重要情報を管理す る立場や業界最大手としての責任が問われている。実際に業務への懸念も出始め た。ただ、売り一巡後は下げ渋っている。

東京地検特捜部によれば、中国人の野村元社員ら3人は上場企業の重要事実 の公表前に同社株を買い付け、公表後に売り抜けて利益を得ようとした疑い(証 券取引法違反)で同日逮捕した。野村の渡部賢一社長は22日夜の会見で「こう した事態が発生したことはざんきに堪えない。業績にもいくばくかの影響がある と思う」と陳謝した。

すでに624の厚生年金基金が加盟する企業年金連合会は、問題が発覚した 22日から野村への株式や債券の売買注文を一時停止した。同連合の07年3月末 の年金資産残高は13兆2000億円規模。株式グループリーダーの山本卓氏によれ ば、再発防止に向けた野村の改善計画などが明らかになるまで停止する。

野村は、富士通デバイス(東証2部上場)が富士通と株式交換する(富士通 によるデバイスの完全子会社化)際のアドバイザーで、逮捕された中国人社員は こうした情報を扱う企業情報部に所属していた。東京地検特捜部は事件の解明に 向け、証券取引等監視委員会と合同捜査・調査に入った。

--:共同取材:上野 英治郎、日向 貴彦 Editor: Kazu Hirano, Takashi Ueno

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 河元 伸吾 Shingo Kawamoto +8-13-3201-3540 skawamoto2@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 大久保義人 Yoshito Okubo +8-13-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net Philip Lagerkranser +852-2977-6626 lagerkranser@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE