世界の大手金融各社:サブプライム関連で計4万8000人を削減(表)

住宅ローン関連の損失と評価損を受け、過 去10カ月間に実施された世界の大手銀行・証券会社の人員削減状況は以下の通 り。合計では4万8000人が削減された。

米シティグループとメリルリンチは先週、追加人員削減を発表。スイスのク レディ・スイス・グループは22日、投資銀行部門などで500人以上を削減する ことを明らかにした。

米証券業金融市場協会(SIFMA)によれば、2001年にインターネッ ト・バブルがはじけた後の2年間で、約9万人が削減された。幹部人材あっせん 会社、バターリア・ウィンストン・インターナショナルのパートナー、ジョー・ ベネット氏によると、今回の削減規模は10万人を超える可能性があるという。

**********************************************************************
金融機関名              削減人数         対全従業員比率(%)
**********************************************************************
Citigroup               15,200                    4.1

Merrill Lynch            5,220                    8.3

Lehman Brothers          4,990                    18

Bank of America          3,650                    1.7

Washington Mutual        3,000                    6.5

Morgan Stanley           2,940                    6.2

HSBC                     1,650                    0.5

Bear Stearns             1,550                    11

WestLB                   1,530                    25

UBS                      1,500                    1.9

Goldman Sachs            1,500*                   4.7

Credit Suisse            1,320                    2.7

Wachovia                   943                    0.8

National City              900                    2.9

KeyCorp                    740                    4

Fortis                     500                    0.8

Wells Fargo                500                    0.3

Deutsche Bank              450                    0.6

Royal Bank of Scotland     200                    0.1

JPMorgan Chase             100                    0.1

Royal Bank of Canada        40                    0.1

**********************************************************************
合計*                     48,423
**********************************************************************
* ゴールドマンは1月25日、成績の振るわない従業員を削減する年次見直しの
一環として人員削減を発表。4月10日には住宅ローンと投資銀行の両部門を対
象に削減を実施する計画を明らかにしたが、規模は示さなかった。
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE