太平洋セメント:今年の米子会社の営業利益は20%減も-徳植社長

国内セメント最大手、太平洋セメントの徳植 桂治社長(60)は、米住宅市場が約20年ぶりの低迷に見舞われるなか、2008年 の米子会社の営業利益が「最悪のシナリオ」で最大20%減少する恐れがあると の見通しを示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。

あわせて読みたい: