メキシコのセメックス:1-3月期は18%増益-投資収益が寄与

北米最大のセメントメーカー、メキシコのセ メックスが21日発表した2008年1-3月(第1四半期)決算は、前年同期比 18%の増益となった。投資収益が寄与した。

同社の発表資料によれば、純利益は4億7000万ドル(1ADR=米国預託 証券=当たり63セント)と、前年同期の4億ドル(同55セント)から増加。売 上高は、オーストラリアの建築資材メーカー、リンカー・グループを昨年7月に 買収したことが奏功し、前年同期比26%増の54億ドルとなった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE