中外薬:08年12月期純利益予想を増額修正-薬価引き下げ想定下回る

ロッシュ傘下の医薬大手中外製薬は22日、 2008年12月期連結業績予想を上方修正した。純利益見通しは、期初予想比71% 増の290億円と増額した。前期実績は401億円だった。抗悪性腫瘍剤抗HER2 ヒト化モノクローナル抗体「ハーセプチン」が再算定の対象から外れたことなど から、同社の薬価改定率が想定を下回って4%台前半となったことが寄与する見 通し。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。