伊パルマラット、米シティに対し最大140億ユーロの賠償請求の方針

破たんしたイタリアの食品会社パルマ ラットのエンリコ・ボンディ最高経営責任者(CEO)は21日、米シティグ ループに対し最大140億ユーロ(約2兆3000億円)の損害賠償を求めてい く方針を明らかにした。イタリアの裁判所は、2003年の経営破たんに関連し たシティに対する刑事訴訟の過程で、パルマラットは民事の損害賠償を求める ことができるとの判断を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。