出光興産:前期純利益88%減の50億円に-豪石炭鉱山の豪雨被害で

出光興産は22日、前期(2008年3月期) の連結純利益が前の期と比べ88%減の50億円となったもようだと発表した。 従来予想は105億円だった。85%の権益を保有する豪州エンシャム石炭鉱山が 豪雨による洪水被害を受けたことにより、引当金を特別損失に計上することが 響く。現時点での復旧に伴う概算支出額は同社分で225億円。このうち、127 億円を前期に引き当てる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。