米SEC:格付け会社が方針変更したかを調査-サブプライム市場活況時

米証券取引委員会(SEC)のコックス委 員長は22日、上院銀行委員会での証言で、サブプライムローン(信用力の低い 個人向け住宅融資)関連商品市場が活況となった2004-06年に、格付け会社が 証券格付けの方針を変更したかどうかを調査していると語った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。