英国債:下落、2年債利回りは今年最高-利下げ期待が後退

英国債相場は下落。2年債利回りは今年最 高の水準に上昇した。イングランド銀行が21日に発表した国債を銀行が保有す る住宅ローン担保証券(MBS)と交換する計画を受けて、利下げが先延ばしさ れるとの観測が広がった。

イングランド銀行による支援策が報道された前週以来、2年債利回りはほぼ 50ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇した。トレーダーの間でイ ングランド銀が利下げするとの観測が後退したことを受け、金利先物は0.5ポイ ント近く上昇した。金融政策委員会(MPC)の元メンバー、チャールズ・グッ ドハート氏が、同中銀の措置で不動産市場が回復する見込みは「薄い」との見方 を示したにもかかわらず、国債相場は軟調だった。

エボリューション・セキュリティーズ(ロンドン)の債券ストラテジスト、 エリザベス・アフセス氏は、「利下げ期待はある程度後退した」と指摘。イング ランド銀が支援策の効果を見極めようと様子見の姿勢を取った場合、「利下げの 時期に影響を及ぼす可能性がある」と述べた。

ロンドン時間午後3時50分までに、2年債利回りは前日比10bp上げ

4.44%と、昨年12月27日以降の高水準となった。同国債(償還2010年6月、 表面利率4.75%)価格は0.21ポイント低下し100.62。10年債利回りは1bp 上昇し4.69%となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE