野村HD:社員のインサイダー容疑で監視委が調査-社長が謝罪(8)

証券取引等監視委員会は野村ホールディン グス(野村証券)のM&A(企業の合併・買収)関連部門の外国人社員にインサ イダー取引の疑いがあるとして調査に入った。野村の渡部賢一社長は22日夜、 会見で謝罪するとともに、野村の内規に抵触した社員を同日付で解雇したことを 明らかにした。業界最大手の不祥事による市場の信認失墜は必至とみられる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。