PS3向け仮想空間サービス開始を再延期、1年遅れで今秋に-SCE

ソニー・コンピュータエンタテインメント (SCE)は22日、「プレイステーション3(PS3)」の利用者同士がイン ターネット上の仮想空間で交流できるサービス「プレイステーションホーム」 を今秋から開始すると発表した。一度延期していた今春の開始予定がずれ込み、 当初計画に比べると1年遅れのスタートとなる。

まず対象者限定の「ベータテスト」を今夏実施したあと、PS3ユーザー を対象とした「オープンベータサービス」を秋に開始する。延期についてSC Eは、「さらに開発に時間を費やすことでサービスをより良いもの」にすると 説明している。

プレイステーションホームについてSCEは2007年3月に、対象者限定の ベータテストを同年春に開始し、同秋からPS3の販売地域に向けて順次展開 すると発表。しかし、平井一夫社長は昨年9月、千葉県の幕張メッセの展示会 での講演で、「年内を予定していたが来春に延期する」と発言。理由として 「全世界ベースで顧客の要望に応えられるサービスとして立ち上げる」ことを 挙げていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE