サムスン・グループの李会長、辞任表明-背任罪などでの起訴受け

韓国最大の財閥、サムスン・グループの李健 熙(イ・ゴンヒ)会長は22日、会長を辞任すると表明した。同会長は先週、同 グループの不正資金疑惑をめぐり脱税や背任の罪で在宅起訴された。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。