カナダ中銀:きょう0.5ポイント利下げの公算、政策金利3%に-調査

カナダ銀行は22日の金融政策決定会合で、 政策金利である翌日物貸出金利の目標水準を0.5ポイント引き下げる公算が大 きい。成長率が16年ぶり低水準に落ち込みかねない景気を刺激するためだ。

ブルームバーグ・ニュースがエコノミスト32人を対象に実施した調査によ ると、24人が政策金利は3%に引き下げられ、2005年12月以来の低水準にな ると予想した。カナダ中銀はニューヨーク時間22日午前9時(日本時間午後 10時)に決定内容を発表する。

別のブルームバーグ調査によれば、カナダの今年の成長率は1.4%と、1992 年以来の低水準になる見込み。カナダ中銀は3月4日に0.5ポイントの利下げ を実施したが、米国向け輸出の低迷や融資条件の厳格化に対応し、さらなる措置 が「短期的に」必要だとの認識を示していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE