中国株:上海総合指数、昨年10月の最高値から半値下げ-企業業績懸念

22日午前の中国株式市場では上海総合指数 が下落。昨年10月に付けた過去最高値から半値下げとなった。政府のインフレ 対策と、株式投資に絡んだ損失が企業利益を圧迫するとの懸念が強まった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。