米金融会社CIT:普通株と優先株10億ドル相当を発行へ-株価下落

【記者:Erik Holm】

4月21日(ブルームバーグ): 資金繰り難の打開を目指している米金融会 社CITグループは21日、10億ドル(約1030億円)の調達に向けて普通株と 優先株を発行する計画を明らかにした。これを受けて同社の株価は時間外取引 で一時、14%安となった。

CITの発表によると、同社は「一般的な企業目的」のために今回調達す る資金を、優先株の配当支払いや債務の利払いに充てる方針だ。先週時点では、 株式発行は資金調達に向けて検討している戦略の1つと説明していた。

CITの財務健全性への懸念払しょくを目指すジェフリー・ピーク最高経 営責任者(CEO)はすでに、緊急信用枠73億ドルからの引き出しや50億ド ルの資産売却、60%の配当引き下げを実施している。先週発表した2008年1- 3月(第1四半期)決算では、優先配当実施前で2億4970万ドルの赤字となっ た。

CITの株価は時間外取引で一時11ドルに下落した。通常取引終値は

12.74ドルだった。年初来騰落率はマイナス46%強。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE