世界の大手金融機関70社超:サブプライム関連損失2900億ドル(表)

世界の70社を超える大手銀行・証券会社は 2007年初め以降これまでに、米サブプライムローン(信用力の低い個人向け住 宅融資)問題に端を発した資産評価損と貸倒損失(貸倒引当金含む)を計2900 億ドル(約30兆円)計上した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。